補償対象範囲や金額についてよく見てみると、クレジットカードによる海外旅行傷害保険によっては対応することができないトラブルがあります。

旅行でリッチな気分に

海外旅行傷害保険の特徴

補償対象範囲や金額についてよく見てみると、クレジットカードによる海外旅行傷害保険によっては対応することができないトラブルがあります。例として、疾病死亡や緊急歯科治療費用などがあります。旅行中において病気によって死亡された場合に関しては、クレジットカードによる海外旅行傷害保険によっては補償することができません。その一方、AIUなどによる海外旅行保険の場合に関しては、旅行中に病気によって死亡された場合についても補償の対象となっています。

また、治療費などによる金額がクレジットカードによる海外旅行傷害保険よりも高額に設定されている場合がよくあるのも特徴となっています。そして、治療費による支払い方法を比較してみると、クレジットカードによる海外旅行傷害保険の場合については、基本的には現地においての治療費についていったんは建て替えていく必要があり、帰国後に請求していかなければなりません。その一方、AIUなどによる海外旅行保険の場合に関しては、治療費を自己負担していくことなく治療を受けられる場合があります。つまり、クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険だけではなく、別途、保険料を支払った上で海外旅行保険に加入したほうがいいと思ってしまうでしょう。

Copyright (C)2017旅行でリッチな気分に.All rights reserved.